生殖内分泌(不妊症・習慣流産)│外来診療のご案内

生殖内分泌(不妊症・習慣流産)

不妊症グループ

当グループは産婦人科領域のうち不妊症全般を受け持っている。具体的には、難治性不妊患者の治療、体外受精、顕微授精、凍結受精卵移植をはじめ、各種腹腔鏡下手術、開腹手術によって今までに数多くの挙児希望患者に最先端の臨床診療を提供してきた。現在では、当科関連病院でも最先端治療が受けられるように体制が整いつつあり、北海道における不妊治療のセンター的役割を担っている。

研究面においては主な柱として受精機構、無精子症の解明に重点を置いており、今までに数多くの論文を発表してきた。また国内外の他施設との交流も盛んで、国外研究留学(米国NIH, ユタ州立大学など)も含め世界的視野に立ってのグループ運営を行っている。

不妊症について

PAGETOP

Copyright© 2009 Asahikawa Medical College 産婦人科学講座