生殖補助医療技術│不妊症│外来診療のご案内

生殖補助医療技術(ART: Assisted Reproductive Technology)

体外受精-胚移植(IVF-ET)

卵巣内に発育した卵胞を穿刺して得られた卵に精子を受精させます。その後培養した卵(胚)を子宮内に戻す方法です。
(似ている言葉で人工授精がありますが、これは精子を子宮内に注入する処置であり異なる治療法です。)

体外受精-胚移植(IVF-ET)

PAGETOP

顕微授精(ICSI)

顕微授精(ICSI)

通常の体外受精では難しい高度の男性不妊症の御夫婦のための方法です。顕微鏡で見ながら、卵に極めて細い針をさし精子を卵の中に注入して受精させます。

PAGETOP

凍結胚移植

卵巣内に発育した卵胞を穿刺して得られた卵に精子を受精させます。その後培養した卵(胚)を子宮内に戻す方法です。
(似ている言葉で人工授精がありますが、これは精子を子宮内に注入する処置であり異なる治療法です。

1.卵巣過剰刺激症候群のとき

排卵誘発剤の副作用で卵巣がはれている時です。この状態で胚移植を行い妊娠が成立すると卵巣過剰刺激症候群が重症化することがあります。重症化すると胸やお腹の中に水が多量にたまったりし、長期の入院が必要になります。

2.移植前の子宮内膜が不良のとき

子宮内膜ポリープがあったり、子宮内膜が薄い時です。この場合、卵が子宮内の壁につくのに良好な環境ではありません。よってポリープがあればそれを切除してから卵を子宮に戻します。また凍結胚移植をする際、ホルモン剤で子宮内膜を整えてから卵をもどすため子宮内膜が厚く整いやすくなります。

3.卵が余った時

多くの胚を移植すると多胎妊娠の発生が増えるため胚移植の個数は3個までとしています。他に質の良い卵がたくさんある時は凍結保存します。

精巣内精子回収法(TESE)

精子が精液中にみられない場合、当院では泌尿器科と連携し精巣内精子回収法で得られた精子で顕微授精をおこなっています。御主人様にも入院していただき、 麻酔下に精巣の一部をとって精巣内に精子がいるか確認します。精子があれば顕微授精をします。また採取した精巣一部を凍結保存することもできます。

PAGETOP

胚盤胞移植

通常の胚移植は採卵後2日目に胚を子宮内に戻しますが、胚盤胞移植では5日以上培養をつづけてから子宮内に戻します。

  • 胚盤胞移植
利点
1.自然の状態では、卵管で受精した胚が分割しながら卵管内を移動し胚盤胞の状態になって子宮に着床します。よってより自然の状態に近い移植法といえます。
2.胚盤胞の状態まで発育できる胚は、生存能力が高いということです。質のよい胚盤胞が得られれば、高い着床率を期待できます。
欠点
1.胚が胚盤胞にまで達しなくて、胚移植がキャンセルになることがあります。
2.長期間胚を体外で培養することによる、長期的な影響が完全には分かっていません。

PAGETOP

どのような方がARTの適応になるのでしょうか

諸検査を行い、安易な体外受精の施行はつつしみ主に次のような適応でおこなっています。

1.卵管性不妊症

卵管の通過性に異常がある場合です。

2.男性不妊症

精子が少ない、運動性が不良の場合です。重症度に応じ体外受精、顕微授精、精巣内精子回収法-顕微授精をおこないます。

3.機能性不妊症

原因不明の不妊症の方です。タイミング法、排卵誘発法、人工授精法の後に位置するステップアップの最終段階ともいえます。すでに他の病院で治療を受けている方、年齢が高い方は、患者様の状況に応じこれらのステップアップを早めることが必要です。

不妊症治療には外来で行えるものもいろいろあります。上記のいずれのタイプの不妊症にもタイミング法、排卵誘発法、人工授精などが有効です。重症度 に応じ外来治療からはじめることもあれば、ARTでのみしか妊娠を期待できない場合もありますので、まず検査をしてから、どのような治療が適しているか決めていきます。
一般的には、精子に異常がない場合の受精する確率は70%程度、受精した卵から得られる正常な分割卵は60~80%です。複数個の卵胞が認められる場合、分割卵を子宮内に移植し妊娠が成立する率は20~30%です。通常の夫婦で自然に妊娠する確率は25%程度ですので、体外受精による妊娠率は自然に 妊娠する確率に匹敵します。

PAGETOP

当院の治療状況、成績

当院では年間約200例の治療をおこなっています。採卵をおこなった方のうち、体外受精は約60%、顕微授精は約40%です。日本における平均的な妊娠率は以下の通りです。

体外受精妊娠率% 23.9%
顕微授精妊娠率% 21.5%
凍結胚移植妊娠率% 23.8%

周期あたりの妊娠率(2001年 全国平均)

PAGETOP

安全性について

体外受精、顕微授精の副作用、危険性について
1.母体に対する影響

採卵時:卵を採取する時腰椎麻酔を行います。麻酔は麻酔科医が行います。卵の採取は超音波で観察しながら行いますので腸や血管を損傷する危険性は極めて少ないといえます。
卵巣過剰刺激症候群:排卵誘発剤の投与により卵胞が多く発育しすぎ、採卵後に卵巣腫大、腹水などさまざまな症状がでます。
軽症:卵巣の腫大のみであれば、自宅で安静とし外来で経過観察します。
中等症:上記に加え腹水、血液の濃縮がみられます。重症となると多量の腹水、血栓症、肝機能障害が出現することがあるので、中等症以上で必要に応じ重症化しないように入院管理が必要になります。
また妊娠でさらに悪化するので、卵巣過剰刺激症候群ではすべての受精卵を凍結保存することにより重症化を防止しています。

2.児に対する影響

多胎妊娠(ふたご、三つ子など)
胎児数が多くなればなるほど母体の妊娠合併症の率や早産率が高くなります。高い妊娠率を得るためには複数個の分割卵を移植しますので、多胎妊娠になる率は15%~20%と自然妊娠に比べ高率です。多胎妊娠予防のため移植胚数は3個までに制限しています。
異常児の発生について
自然妊娠でも出生時の染色体異常、先天異常の発生は1~2%に認められます。現在までに報告されている体外受精児の染色体異常の発生率、先天異常の発生率 は自然妊娠の異常児の発生率と比べ差がないといわれています。よって体外受精が胎児異常発生の原因になることはないものと考えられます。

凍結胚移植の安全性について
1.胚に対する凍結、融解の影響

残念ながら凍結保存法で、すべての胚がまた正常な状態に戻るわけではありません。現在のところ凍結保存後、融解した胚が正常である割合は80%以上です。

2.妊娠、児に対する影響

融解して正常な胚と確認された場合妊娠率や奇形など児への異常発生率は通常の体外受精における率と同じとされています。また凍結融解で使用する溶液は十分に検討された方法であり問題ありません。

PAGETOP

Copyright© 2009 Asahikawa Medical College 産婦人科学講座