ごあいさつ

  • HOME>
  • ごあいさつ

ごあいさつ

教授ごあいさつ

旭川医科大学産婦人科学教室・教授 千石 一雄 Kazuo Sengoku旭川医科大学産婦人科学教室・教授
千石 一雄
Kazuo Sengoku

旭川医科大学産婦人科は婦人科、周産期(産科)、生殖医療(不妊、不育)診療を3本柱とし、その他「更年期外来」、「思春期外来」、といった特殊外来を設置し、以下にお示ししますように、多くの専門医資格を有する医師が最新の産婦人科診療を提供しております。

1)診療に当たる医師は研修医以外全員、産婦人科専門医資格を有しており、かつ、試験に合格した多くの婦人科、産科、不妊症診療に関する専門医資格を有するスペシャリストが診療にあたっています。
  • 超音波専門医・指導医(産婦人科の超音波診断のスペシャリスト)
  • 臨床細胞診専門医(子宮がん検診の細胞診断のスペシャリスト)
  • 婦人科内視鏡手術技術認定医(腹腔鏡を用いた手術のスペシャリスト)
  • 婦人科腫瘍専門医(婦人科癌診療のスペシャリスト)
  • 周産期胎児専門医(産科診療のスペシャリスト)
  • 周産期新生児専門医(未熟児・新生児診療のスペシャリスト)
  • 生殖医療専門医(不妊症、不育症診療のスペシャリスト)

2)手術侵襲をできるだけ減少させ、入院期間も短くてすむように腹腔鏡や子宮鏡を用いた内視鏡手術を数多く行っています。
  • 子宮筋腫(腹腔鏡による子宮全摘術、腹腔鏡による筋腫核出術、子宮鏡による筋腫核出術)
  • 子宮内膜症(腹腔鏡によるチョコレート嚢腫摘出術)
  • 卵巣腫瘍(腹腔鏡により卵巣摘出または腫瘍摘出術)

※その他、婦人科良性疾患の80%以上を内視鏡で手術しております。


3)全国でも非常に数が少ない「先進医療」である「子宮体癌の腹腔鏡による手術」の認可を受けている施設です。

北海道で唯一、子宮体癌に対する腹腔鏡手術(リンパ節廓清を含む)の認可をうけており、積極的に取り組んでいます。また、子宮頸癌手術後の合併症を減らすため、手術中にリンパ節へのがんの転移を調べるナビゲーションサージャリーを実施し、がんの縮小手術に取り組んでいます。


4)道北地域で唯一の小児外科を有し、また、脳外科、新生児科(NICU9床)と協力してあらゆる母体および胎児・新生児の治療を行うことのできる施設です。

新生児で外科的治療を必要とする妊婦さんに対応可能な道北地区唯一の施設で、多くの妊婦さんをご紹介いただき、胎児、新生児管理を行っています。
最近、妊婦さんの脳血管障害が増加していますが、旭川地域では唯一、脳血管障害妊婦さんならびに胎児の治療に対応できる施設です。


5)1988年に北海道で最初の体外受精時の分娩に成功し、生殖医療のスペシャリストである専門医資格(生殖医療専門医)を有する医師が不妊、不育診療に取り組み、多くの実績を残している施設です。

体外受精・顕微授精をはじめ、一般の不妊、不育治療を数多く行っております。また、多嚢胞性卵巣や子宮内膜症に対する腹腔鏡手術、子宮奇形に対する子宮鏡手術を数多く行っています。

北海道で唯一、厚生労働省および北海道より委託された「不妊専門相談センター」を有し、無料で相談を受けております。不妊・不育に関し相談があるかたはご連絡下さい。(電話:0166-68-2568)


6)子宮内膜症診療に関するスペシャリストがいる施設です。

日本の子宮内膜症診断・治療のガイドラインというべき『子宮内膜症の取り扱い規約』の執筆に関わっている医師がおり、子宮内膜症性疼痛、不妊診療に特に力を入れております。


旭川医科大学産婦人科は道北・旭川地区で最新の診療技術・知識や診療経験を有する医師が診療に当たり、患者さん一人一人に対し最前の治療を提供できる施設です。

また、医育機関として、将来、道北地域で活躍できる優秀な産婦人科医師の育成に努力しております。

千石 一雄

PAGETOP

教授略歴

昭和54年3月 旭川医科大学医学部卒業
昭和58年3月 旭川医科大学医学部医学研究科修了
昭和58年4月 旭川医科大学医学部付属病院医員(産婦人科)
昭和58年7月 旭川医科大学医学部付属病院助手(産婦人科)
昭和60年11月 米国ミシガン州立大学内分泌研究所研究員
Prof.W.R.Dukelow リス猿の体外受精の研究に従事
昭和62年7月 旭川医科大学医学部付属病院助手(産婦人科)
昭和62年11月 旭川医科大学医学部付属病院講師(産婦人科)
平成4年7月 旭川医科大学医学部産婦人科学講座助教授
平成5年7月~9月 米国ミシガン州立大学内分泌研究所
(文部省短期海外研究員)
平成17年4月 旭川医科大学医学部産婦人科学講座教授
旭川医科大学周産母子センター部長(兼任)
平成19年7月 学長補佐(教育・学生担当)(兼任)
教育センター長(兼任)
平成22年1月 現在に至る

PAGETOP

外来診療のご案内
  • 女性医学科(産婦人科、婦人科腫瘍)
  • 生殖内分泌(不妊症・習慣流産)
  • 周産母子科(産科)
  • シックハウス(特殊)
  • 思春期
  • 更年期
  • 婦人科腫瘍予防
  • 育児支援「カンガルーケア」
学生・入局希望者へご案内
  • 学生・入局希望者へメッセージ
  • 研究内容
  • 診療研究グループ紹介
  • 研修プログラム・特徴
  • 先輩医員の一日
  • 留学先について
  • 関連病院
同門会へご案内
  • 会員ログインページ 会員限定
Copyright© 2009 Asahikawa Medical College 産婦人科学講座