ご挨拶

旭川医科大学救急医学講座,北海道特に道北圏の救急医療を担うために設立されました。

そのために我々は,医学生,研修医のみならず,北海道の医療従事者に対する蘇生教育,外傷教育(ICLS, BLS, ACLS, PALS, JPTEC, ITLS, JATEC)に特に力を入れて活動してきています。

研修医,学生は救急外来において,1次から3次の傷病者を見ることによって,色々な疾病,外傷を見ることによって研修を行っています.また,道北圏に配備されたドクターヘリの運行にも協力しています。

将来的には,ドクターヘリを補完する意味で,ドクターカー,固定翼機による患者搬送等も視野に入れているところです。

旭川医科大学は,2010年度に救命救急センターとなるべく現在,病院,スタッフを含め整備中です

新しい救命センターで働いてみたい,研修をしてみたい,各種オフジョブトレーニングに積極的に参加したいという人たちを募集していますので皆さんぜひ一緒に働いてみませんか?


救急医学講座教授 藤田 智