旭川医科大学皮膚科学講座の沿革と特徴

特徴

道北、道東(オホーツク沿岸地方)を中心とした皮膚科センター的な役割を担う地域医療の要であり、本学病院を基点として各主要都市に点在する関連病院と密に医療ネットワークを形成することにより地域住民の皆様に対する皮膚科診療サービスを展開しています。

一般皮膚病はもとより、専門性の必要な各種皮膚疾患に対しても、この医療ネットワークを通じてフレキシブルに対応が可能です。
大学病院においては悪性腫瘍、アトピー性皮膚炎、膠原病、角化症・水疱症、乾癬、美容皮膚科などを担当する専門医を有しており、専門外来(完全予約制)を実施しております。

本講座出身の皮膚科専門医は一般皮膚科としても質の高い皮膚科医療サービスを道民の皆様に提供することができます。
さらなる発展のため、教室員一同が日夜診療業務のみならず基礎研究・臨床研究においても、modern fasionな医療サービスへの還元を目標として研鑽を積んでおります。

皮膚科医局にて(2014年7月)

2014年7月撮影

沿革

教室創立

昭和51年

歴代教授

初代 大河原 章

在任期間
昭和51年~昭和60年9月30日
  • 北海道大学医学部卒

二代 飯塚 一

在任期間
昭和61年8月1日~平成26年3月31日
  • 北海道大学医学部卒
 

三代 山本明美

Akemi Ishida-Yamamoto MD, PhD
Professor and Chair

在任期間
平成26年7月10日~
  • 旭川医科大学卒
 

山本教授 近影

同門会

会長 松尾 忍

  • 松尾皮ふ科クリニック院長

当講座のできごと

 当教室は、昭和51年4月大河原 章教授の初代皮膚科学講座教授就任により講座開設となった。開設時のスタッフは教授を含めて4名での船出となったが、その後、本学の卒業生らが加わり現在までに約80名に増え、教育、診療、研究に励んでいる。

1973(S48.09.29)
旭川医科大学設置
1976(S51.04.01)
皮膚科学講座開講 大河原 章先生が初代教授に就任
1976(S51.11.01)
附属病院が開院、診療科としての活動開始
1981(S56.09.01)
開講5周年記念誌を発行
1985(S60.09.30)
大河原 章教授が北海道大学に転任
1986(S61.08.01)
飯塚 一先生が第2代教授に就任
1986(S61.11.15)
講座開講10周年記念誌を発行
1991(H03.11.02)
講座開講15周年記念業績集を発行
1992(H04.11.13)
第22回基礎皮膚科懇話会を開催
1993(H05.07.24)
第15回水疱症研究会を開催
1996(H08.09.14)
第10回表皮細胞研究会を開催
1996(H08.12.10)
講座開講20周年記念誌を発行
1998(H10.07.18)
第5回分子皮膚科学フォーラムを開催
2000(H12.06.30)
第16回日本皮膚悪性腫瘍学会を開催
2001(H13.06.29)
第10回日本臨床環境医学学会総会を開催
2003(H15.09.27)
第67回日本皮膚科学会東部支部学術大会を開催
2004(H16.10.22)
第11回分子皮膚科学フォーラムを開催
2006(H18.05.30)
第31回日本研究皮膚科学会を開催
2007(H19.11.01)
講座開講30周年記念誌を発行
2008(H20.09.05)
第23回日本乾癬学会学術大会を開催
2014(H26.03.31)
飯塚 一教授が退任
2014(H26.06.07)
飯塚 一教授退任記念誌を発行
2014(H26.07.10)
山本明美先生が第3代教授に就任