概要

  本大学院は、医学の分野における高度の研究能力とその基礎となる豊かな学識をそなえた研究者または高度に専門的な業務を遂行できる医師をはじめとする医療従事者の養成を目的とし、医学の発展と福祉の向上に寄与することを使命としています。

沿革

旭川医科大学は,昭和48年,時代と社会の要請によって設置されました。高度に進歩した医学知識を修得し、医の倫理に徹した優れた医師及び医学研究者を育成して社会に送り出すとともに、各専門分野において固有の研究を遂行し,常に医学の進展に寄与することを目的として同年9月に開学しました。

次いで昭和54年4月、医学教育をさらに推進し、医学の分野の研究者およびその他の高度に専門的な業務に従事する医師を養成することを目的として、大学院医学研究科(博士課程)を設置(平成12年4月 医学系研究科に改称)しました。( 「旭川医科大学概要-平成17年度版-」)

平成19年度に「研究者コース」と「臨床研究者コース」の2コースの教育課程を設けた1専攻への改組を行い、現在に至っています。

基本理念

 

T理念

 1. 医療系大学院として,基礎研究と臨床研究の多様な取組を通し,医学・看護学の総合的な発展を図ります。
 2. 自主・自律の精神を以て深く真理を探求し,真摯な研究活動を通して知の創造を目指します。
 3. 多様で調和のとれた教育体系のもと,豊かな教養と高い人間性,厳しい倫理観を備えた,優れた研究者と高度の専門能力を持つ人材を育成します。
 4. 開かれた大学院として,地域に根ざすと同時に世界との連携にも努め,医療福祉の向上と国際社会の調和に貢献します。
   

U教育目標

 1. 秀でた独創性,豊かな人間性,厳しい倫理観を備えた,医学教育者・研究者の育成
 2. 地域社会の医療福祉の充実のために,指導的な役割を担える高度専門職業人の育成
 3. 国際社会で,医学・医療の取組を通し,その普遍的価値を共有できる人材の育成
   

 

ポリシー

 

 

Tディプロマ・ポリシー (学位授与の方針)

 
 旭川医科大学大学院医学系研究科医学専攻(博士課程)では、教育の目標に沿って編成された年次カリキュラムを履修し、基準となる単位数を修得し、次の資質と能力を身につけたと認められ、かつ博士論文の審査及び最終試験に合格した学生に対し学位(博士(医学))を授与します。


研究者コース
 
「倫理観とプロフェッショナリズム」(態度)
 生命の尊厳を尊重し、医の倫理、研究者の倫理を理解し、これらを踏まえた基礎研究を遂行できる。
 また、解決すべき問題を自ら見出し、それらを探求する意欲を持ち、さらに専門家による批評に堪えうる世界レベルの質の高い研究を志向する態度を持っている。
 
「医学と関連する領域に関する十分な知識と生涯学習能力」(知識)
 基礎研究に関する幅広く深い知識のみならず、自らの基礎研究と医学との関わりについて理解するための基本的医学知識を持っている。
 また、最先端の研究を遂行するために生涯にわたる学習が必要であることを理解し、その方法を身につけている。
 
「全人的な医療人能力、基本的診療能力、実践的臨床能力、研究遂行能力」(技能)
 豊かな人間性に基づいた知的好奇心を持ち、医学・医療の発展に寄与しうる専門的かつ独創的な基礎研究を実践できる。
 
「問題解決能力、発展的診療能力、研究心」(思考・判断)
 基礎研究の意義を理解し、科学的情報を収集し客観的に評価するとともに、これらを自らの研究に役立てることができる。
 また、未解決の問題を、強い探究心を持って論理的、科学的に追求できる。
 
「地域社会・国際社会へ貢献するための能力」(意欲・関心)
 自らの基礎研究を通じ医学・医療の発展に寄与することで、地域社会や国際社会に貢献できる。


臨床研究者コース
 
「倫理観とプロフェッショナリズム」(態度)
 生命の尊厳を尊重し、医の倫理、研究者の倫理を理解し、チーム医療に基づいた高度の専門的医療を実践できる。
 また、解決すべき問題を自ら見出し、それを探究する意欲を持っている。
 
「医学と関連する領域に関する十分な知識と生涯学習能力」(知識)
 基礎医学の素養に裏打ちされた、臨床医学、社会医学に関する専門的な知識を持っている。
 また、これらに基づいた医療および研究を実践するために生涯にわたる学習が必要であることを理解し、その方法を身につけている。
 
「全人的な医療人能力、基本的診療能力、実践的臨床能力、研究遂行能力」(技能)
 豊かな人間性を持って患者、患者家族と接し、患者の意思を尊重した適切な健康増進を図ることができるとともに医療のための実践的臨床能力を身につけ、臨床研究を実践できる。
 また、高度の専門性が必要な診断と治療を実践できる。
 
「問題解決能力、発展的診療能力、研究心」(思考・判断)
 基礎医学、臨床医学、社会医学領域における研究の意義を理解し、科学的情報を収集し客観的に評価するとともに、これらを診療に応用することができる。
 また、未解決の問題を、論理的、科学的に探究できる。
 
「地域社会・国際社会へ貢献するための能力」(意欲・関心)
 医療に対する社会的ニーズを理解し、臨床研究、専門的医療の実践を通じて地域社会や国際社会に貢献できる。

 

 

 

Uカリキュラム・ポリシー (教育課程編成・実施の方針)

 

   旭川医科大学大学院医学系研究科医学専攻(博士課程)では、学生が専攻する科目において先端的な研究を目指す「研究者コース」と臨床研究や臨床試験を推進する能力を涵養する「臨床研究者コース」の2つのコースを設けています。いずれも所属研究室における直接的な個人指導を基本とします。学生は自由かつ学問的な雰囲気の中で研究活動を行い、質が高く達成感のある研究成果を自ら獲得します。同時に、2年単位で展開される一連の共通講義(先端医学特論、基盤医学特論、医学論文特論)を受講し、医学研究を遂行する上で必要な基礎的知識、幅広い応用的知識、倫理的素養を身につけます。このような総合的な大学院教育を通じ、将来の医学を支え、地域社会からの要請に応えうる指導的な人材を育成します。
 学生は始めに上記いずれかのコースを選択しますが、研究の進展に応じ、コースの途中変更が可能です。また、研究の遂行に有益と認められる場合には、学内の他の研究室において指導を受けることや海外を含めた学外の大学院、研究所で研鑽を積むこともできます。さらに、初期臨床研修の1年目から大学院に在籍し、研究を早期にスタートさせる制度も採用しています。なお、共通講義については、講義室での通常の講義の他、大学院ホームページ上のeラーニングシステムを充実させ、各自の研究・研修スケジュールに合わせてそのシステムから必要な講義を効率的に受講できるよう配慮しています。以上のように、学生の主体的な学びを促進するため、本大学院は可能な限りフレキシブルなカリキュラムを提供するよう努めています。

 

 

Vアドミッション・ポリシー (入学者受入れの方針)

 

 1. 知的好奇心を持ち,生命科学,社会医学,臨床医学の研究を志す人
 2. 医学・医療を通して,社会へ貢献することに情熱を持つ人
 3. 研究成果を世界に向けて発信し,世界と共有する意欲のある人
 4. 自ら課題を見つけ、研究を遂行するために必要な学問的素養と論理的能力を備えた人
 5. 自ら必要な情報を収集し、論文を作成し、発表するために必要な言語的能力を備えた人
 6. コミュニケーション能力を備え、周囲の人々と相互的な協力関係を築ける人


本サイトについて | Site Map | 照会先 |      ©2005-2019旭川医科大学