国立大学法人 旭川医科大学
 
生物学教室 Department of Biological Sciences
 
〒078-8510 旭川市緑が丘東2条1丁目1-1     電話:0166-68-2731  FAX:0166-68-2783
本文へジャンプ
マウス卵母細胞 telophase-II 
お知らせ
  • R1・7・9:マウス卵管の蠕動運動と卵管液の分泌が卵管液や精子の輸送ならびに受精に果たす役割に関する論文がBiology of Reproduction, no.101(1)に発表されました。(※論文中の図が本号の表紙を飾りました。)
  • H31・4・1:フリーズドライされたマウス精子の高温および室温暴露に関する論文がCryobiology, no.85に発表されました。
  • H30・10・12卵細胞質内精子注入法の染色体リスクに関する論文がJournal of Reproduction and Development, no.64(5)に発表されました。
  • H29・12・4: フリーズドライされたマウス精子の高温保存に及ぼすpHの効果に関する論文がCryobiology, no.79に発表されました。
  • H29・9・2: 渡部助教が「生殖補助技術における配偶子の遺伝的安全性に関する研究」により日本繁殖生物学会奨励賞を受賞しました
  • H29・8・9: 第3世代携帯電話電磁波のマウス配偶子に及ぼす影響に関する論文がBioelectromagnetics, vol.38(no.6)に発表されました。
  • H29・8・9: マウス胎仔・新生仔の雄性生殖細胞に及ぼす放射線影響に関する論文が Molecular Reproduction & Development, vol.84(no.7)に発表されました。




更新日:2019年7月10日