サイエンス・リーダーズ・キャンプ プログラムの概要

講義

 講義は、旭川医科大学医学部医学科および教育研究推進センターの教授および講師が担当します。基調講演やまとめ講義として、医学医療分野における最先端の研究技術についての講義を用意した他、長年に渡りサイエンス・パートナーシップ・プロジェクトで高校生に先端技術での実験指導を実施してきた経験についての講義も行い、生徒さんたちに対する教科指導や進路指導に対してより具体的、実践的な内容となるよう計画しております。

実習

 実習は(A)免疫染色実習、(B)電子顕微鏡観察実習(C)PCR法体験実習の3つからなり(うち(A)と(B)は選択となります)、(A)は4〜5名で、(B)は各自で、(C)は2名で一組となり実験や観察を行います。各実験には本学医学科の教員や実験に用いる電子顕微鏡等の操作、保守の専門家である本学の技術職員を含めた教職員が指導にあたります。今回のキャンプでは実験に重きをおき、出来るだけ多くの時間をかけて実験を体験していただく様にしております。本実習を通して「可視化技術」が科学実験の基本であることを理解していただき、理科教育において一つの柱となるように認識していただきたいと考えております。

施設見学

 施設見学は12〜13名が1グループとなって本学遠隔医療センターの見学を行ってもらいます。遠隔医療もまた一つの「可視化」であることを理解してもらう他、臨床現場における遠隔医療の実際と、情報通信技術の発展とともに進化してきた遠隔医療システムを理解し、最先端の遠隔医療技術を体験してもらいます。

交流会・懇親会

 初日の夕食後ナイトミーティングとして参加者どうしの親睦を深める時間を用意しました。2日目は夕食を兼ねた懇親会を行います。これには本学の船越洋教育研究推進センター教授、蒔田芳男教授、石子智士教授の本活動の講師の他に、坂本尚志教授、林要喜知教授等高大連携事業に関わる先生や専門技術職員の方々の参加を予定しており、研究、教育、実技での人脈形成や今後の高大間のネットワーク形成の礎にしたいと考えております。

実験結果のまとめ、発表

 実験や施設見学を実施した後は、その日の夕方に内容について確認するため簡単な発表を行っていただきます。特に免疫染色実習と電子顕微鏡実習は選択実験となっておりますので、この時お互いの実験について理解を深めてもらいます。3日目のよるには、実験の成果をどのように理科教育に生かすのかグループに分かれて協議していただき、最終日に発表していただきます。グループ協議においてはA、B、C、すべての実験体験者からなるグループを3つほど作成し別々に議論をしていただき、最終日にグループ間でのディスカッションをさらに行い、お互いに競い合うことで、より多くのバリエーションに富んだ議論やこれからの教育活動に対する斬新な提案の創出を期待したいと考えております。またこれら協議においては本学教員も参加し、適切な助言を行いたいと思います。
 国立大学法人旭川医科大学教育研究推進センター|〒 078-8510 旭川市緑が丘東2条1丁目1番1号|電話:0166-68-2886
問い合わせ  情報の取り扱い  アクセス  マスコミの方へ 
Copyright (C) 2012 Center for Advanced Research and Education, Asahikawa Medical University.